「責任ある機関投資家」の諸原則に関する表明

 



ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(株)(以下「SSgA」)は、日本版スチュワードシップ・コードに盛り込まれたスチュワードシップの原則を支持します。当社は、顧客のために運用するすべての投資戦略について、投資先企業の取締役会や経営陣と良好な関係を築いた上でその状況を的確に把握し適切に働きかけていくことが、投資の長期的な価値を高める不可欠の要素であると考えます。

当社では、投資先企業に対して期待する透明性及び説明責任の原則を同様に適用し、顧客のために当社が担うスチュワードシップの責任を全うできるよう定期的に報告を行います。


SSgAは、顧客口座の長期的資産価値を守り高めると信ずる議決権行使とエンゲージメントについて、SSgAグループ全体で共通の原則とガイドラインを適用します。当社は、議決権の行使と発行体に対するエンゲージメントが当社の運用プロセスにおいて重要な役割を果たし、株主としての権利と責任を全うするために有益であると考えます。

「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫(以下「コード」)は、企業価値の向上や持続的成長を促進するために7つの基本原則を掲げ、機関投資家がそれらの原則に従うことを期待しています。

  1. 機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たすための明確な方針を策定し、これを公表すべきである。

  2. 機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たす上で管理すべき利益相反について、明確な方針を策定し、これを公表すべきである。

  3. 機関投資家は、投資先企業の持続的成長に向けてスチュワードシップ責任を適切に果たすため、当該企業の状況を的確に把握すべきである。

  4. 機関投資家は、投資先企業との建設的な「目的を持った対話」を通じて、投資先企業と認識の共有を図るとともに、問題の改善に努めるべきである。

  5. 機関投資家は、議決権の行使と行使結果の公表について明確な方針を持つとともに、議決権行使の方針については、単に形式的な判断基準にとどまるのではなく、投資先企業の持続的成長に資するものとなるよう工夫すべきである。

  6. 機関投資家は、議決権の行使も含め、スチュワードシップ責任をどのように果たしているのかについて、原則として、顧客・受益者に対して定期的に報告を行うべきである。

  7. 機関投資家は、投資先企業の持続的成長に資するよう、投資先企業やその事業環境等に関する深い理解に基づき、当該企業との対話やスチュワードシップ活動に伴う判断を適切に行うための実力を備えるべきである。

日本版スチュワードシップ・コードは、エンゲージメントのプロセスに関わるすべての当事者が健全なコーポレート・ガバナンスの実践を推進する役割を担うという考え方を採用しています。SSgAは本コードの原則を支持し、透明性をもって株主の責務を果たすことを確約します。当社は議決権行使とエンゲージメントについての基本原則を定め、それに則って行われた結果を定期的に公表します。当社はまた、社内ポリシー、活動方針、スチュワードシップ・コードへの適合性を年次で見直していきます。



原則1−機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たすための明確な方針を策定し、これを公表すべきである

SSgAは、スチュワードシップ責任を果たすための基本方針として、「「責任ある機関投資家」の諸原則に関する表明」を公表します。

当社は顧客のため、商品や戦略の種類に応じて様々な観点や目的をもった投資戦略を提供しています。しかしながら、投資先企業の良好なガバナンスの実践は、投資戦略の別なく等しく重要な関心事項です。そのため、SSgAはすべての一任運用で保有する株式の発行体に対して共通のガバナンス基準と積極的な株主としてのプロセスを適用します。これにより一貫した見解のもとで発言し行動することが可能となり、すべての顧客のために運用する資産全体の保有比率を活用して、企業への影響力を最大限に発揮することができます。

当社は、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズグループ全体で共有するコーポレート・ガバナンス・チームを有効に活用することにより、議決権行使とエンゲージメントに関するガイドラインの設定や改定、発行体エンゲージメントの管理、ガバナンスとサステナビリティに関する問題の調査と分析を実施します。SSgAは、議決権行使とエンゲージメントを含むそのスチュワードシップ活動の原則と情報をウェブサイト上で公開します。

スチュワードシップ活動を行うにあたっては様々な外部サービス提供業者からのデータや分析を活用することにより、自らの見解を表明し、また事案の優先順位付けを効果的に行います。ただし、すべての議決権行使の決定とエンゲージメント活動は自社のポリシーと見解に従って行われ、顧客の最大利益を確保することがスチュワードシップの責務を果たしていく上での当社の唯一の目的となります。



原則2−機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たす上で管理すべき利益相反について、明確な方針を策定し、これを公表すべきである

当社は、議決権行使とエンゲージメント活動から生じる利益相反の可能性を特定し管理するプロセスをグループ全体で共有しています。そのプロセスは、グループの最高投資責任者(CIO)が議長を務めるSSgAインベストメント・コミッティが策定、承認し、定期的に見直しを行う利益相反方針に基づきます。

SSgAは潜在的な利益相反につながる議決権行使や発行体エンゲージメントの事案を厳格に取り扱います。グループ全体の運用に係わる事項を監督するSSgAインベストメント・コミッティの下部委員会であるグローバル・プロクシー・レビュー・コミッティ(以下「PRC」)は、すべての潜在的な利益相反を検討し、顧客の利益が最優先となるよう最適な行動を決定します。PRCは、SSgAの関連会社、親会社であるステート・ストリート・コーポレーションや重要顧客に関係する潜在的に利益相反になり得る議決権行使を監督します。SSgAが掲げる唯一の目標である顧客利益の最大化のために議決権が行使されるよう、潜在的な利益相反に対処するための可能な最適の方法を選択します。



原則3−機関投資家は、投資先企業の持続的成長に向けてスチュワードシップ責任を適切に果たすため、当該企業の状況を的確に把握すべきである

SSgAは、グループ全体のリソースを活用することにより、詳細な調査と分析を行い、また対象とする取締役会や経営トップと必要な対話の機会を持つことにより、投資先企業の状況を的確に把握します。当該プロセスは、SSgAが当社の顧客ポートフォリオで保有する企業の経営戦略、業績、ガバナンス、財務統制、それにリスク管理体制を深く理解することができるようデザインされます。また環境および社会的要因についても重要と評価される場合には慎重に検討します。
アクティブ運用戦略については、コーポレート・ガバナンス・チームはアクティブ運用チームと緊密に連携し、発行体エンゲージメントについて協力しながら企業のファンダメンタルズに関する情報収集を行います。これにより、投資先としての企業調査と企業の経営陣や取締役会へのエンゲージメント活動を統合することが可能となります。

パッシブ運用戦略については、コーポレート・ガバナンス・チームは、市場全体、特定の企業や産業に係わるトピックに関して適宜適切な運用チームと共働しつつ、スチュワードシップ活動を実施します。

いかなる場合も、SSgAがそのエンゲージメントのプロセスの一環として投資先企業の取締役会とそのアドバイザーを援助するインサイダーになることはありません。いっぽう投資先企業は、SSgAによるエンゲージメントの間に開示したすべての重要情報を市場で一般の投資家が等しく入手できるように対応する必要があります。

SSgAはグループとして様々な業界団体のメンバーや参加者として活動することで、関心の対象とすべき企業、産業、規制上の問題や出来事を継続的にモニターするプロセスを補完しています。



原則4−機関投資家は、投資先企業との建設的な「目的を持った対話」を通じて、投資先企業と認識の共有を図るとともに、問題の改善に努めるべきである

原則5−機関投資家は、議決権の行使と行使結果の公表について明確な方針を持つとともに、議決権行使の方針については、単に形式的な判断基準にとどまるのではなく、投資先企業の持続的成長に資するものとなるよう工夫すべきである

当社が分析と対話を行った結果、潜在的な懸念材料や改善の余地を見出した場合、顧客の投資価値を高めるという目的を持って、企業の建設的な変化を求めてエンゲージメントと議決権が持つ影響力を行使します。

SSgAは通常株主総会には参加しません。その代わりに、当社はすべての株主総会において可能な限り議決権の行使による投票を行っており、発行体に対するエンゲージメントと議決権行使がガバナンスの問題に対処する最も効果的な手段だと考えています。当社は、コーポレート・ガバナンス・チームと協働して、議決権行使の前に関心のある事案について実施可能な範囲で投資先企業と話し合いの場を設定します。

当社のエンゲージメント活動は大きく3つの異なる方法に分類されます。能動的活動、継続的活動、そして受動的活動の3つです。エンゲージメントを効果的に行うためには数々の形態をとること必要です。状況に応じて、企業戦略、リスク管理、企業取引、取締役の選任、報酬、気候変動、健康と安全、人権やその他株主が大きな関心を持つ話題など幅広い問題について企業に働きかけていきます。

SSgAでは、発行体からの問題提起に対し受動的に対応するにとどまらず、エンゲージメントを能動的に行うため、グループで開発し使用する、ガバナンスやサステナビリティの属性など様々な企業固有のデータを収集するようデザインされた選別ツールを使用して当社のエンゲージメントの活動と議決権行使に役立てており、当該選別プロセスの中で特定された企業の取締役会や経営陣との直接対話を積極的に求めます。 加えて、保有規模の大きい発行体に対しては、長期的な株主価値の保全と増大を目指して継続的・定期的な対話を行い、ガバナンスやサステナビリティに関し懸念が生じた場合には適切に働きかける機会としています。

問題の性質と、エンゲージメント活動が受動的か、継続的か、あるいは能動的かによって、発行体へのエンゲージメントは、書面による連絡、電話会議、面会といった形態をとります。日本版スチュワードシップ・コードは本邦投資家に対する固有の原則ですが、当社グループでは投資する全ての市場を対象として、グループとして同一のアプローチに従ってエンゲージメントを実践しています。

エンゲージメントの対象は問題とする事案の性質に依存します。経営戦略、財務、業務およびリスク管理の執行に関連した事項については、通常は執行責任を持つ上級幹部を対象とします。取締役会の責任や効率性およびガバナンス全般の監督については通常、担当取締役に対して幅広い戦略的な観点と体制に重点を置いて対話を行います。

エンゲージメントが満足のいく結果をもたらさない場合、懸念事項をエスカレートさせることを検討します。具体的な手順は、テーマと事態の深刻さ、そして対象企業の開放性と対応姿勢によっても変わりますが、懸念を、企業の会長、上級社外取締役、そして必要に応じて担当規制当局にエスカレートさせることも検討します。また、同様な意思を持つ他の投資家と協力することも、エンゲージメントの目的と望む結果が一致している限り視野に入れます。

エンゲージメントのプロセスの中で得た情報や到達した結論は、該当する議案に対するSSgAの投票姿勢を形成し、また改選される取締役を継続して選任すべきかどうかの検討にも参照されます。当社の議決権行使に関する基本的な原則は、「株主権行使基準」およびその細則としての「議決権行使および関与の原則」に社内規定として定めています。これらの方針は、良好なガバナンスについてのグローバルな原則を基本に、各国市場に特有の考え方や標準を適宜考慮しながら、投資先企業が行うガバナンス実践の向上を促すようにデザインされています。

SSgAは実施可能なあらゆる市場で議決権を行使していますが、特定の委任状が必要な場合、議決権行使が当該証券を取引する当社の能力に重大な影響を与える場合、発行体固有の特殊な書面が必要な場合、あるいは様々な市場または発行体固有の証明書が必要な場合には、議決権行使を控える場合があります。

コーポレート・ガバナンス・チームは投資先企業の状況を把握するための活動の証跡を明確に残すため、エンゲージメント活動と議決権行使分析の詳細を記録するデータベースを作成します。数々の定量的、定性的なデータを用いて、発行体からのフィードバックを積極的に求め、記録し、エンゲージメントを追跡することにより、発行体がエンゲージメント後にとった行動をモニターし目立った変化を捉えることができます。そうすることにより、発行体が当社の懸念事項に対してどのように対応したか、そしてこうした対応がどの程度当社の要請を満たしているのかを評価する指標を確立することができます。

さらに、エンゲージメント活動が適切な目標に向かって行われ、また状況の把握のためのモニター活動が効果的になされていることを担保するため、少なくとも年に一度はそのプロセスを見直します。



原則6−機関投資家は、議決権の行使も含め、スチュワードシップ責任をどのように果たしているのかについて、原則として、顧客・受益者に対して定期的に報告を行うべきである

SSgAは、顧客の代理として責任ある株主としての責務を全うするために当社顧客に対して説明責任を果たすことの重要性を認識しています。当社は、定期的な顧客報告およびその他オンラインで公開する情報を通じて、透明性を持ってスチュワードシップ活動及び議決権行使を行います。

SSgAは、重要なエンゲージメント活動について原則として年次の公表を行います。当報告では、当社のエンゲージメント活動の内容とともに、コーポレート・ガバナンスとサステナビリティに関するテーマと最新の動向に関する当社の見解を提供します。

当社は議決権行使とエンゲージメントの方針を当社の機関投資家顧客に提供し、また議決権行使活動報告では、議案の種類や投票内容を記載します。



原則7−機関投資家は、投資先企業の持続的成長に資するよう、投資先企業やその事業環境等に関する深い理解に基づき、当該企業との対話やスチュワードシップ活動に伴う判断を適切に行うための実力を備えるべきである

SSgAはグループ全体で年間1万社以上に議決権を行使しており、保有する株式の数量、過去のエンゲージメントの内容、そして潜在的に懸念のある分野として特定された問題の性質などの要因に基づいて企業を分類しています。これにより、顧客ポートフォリオの価値を最大化するため、適切な時間とリソースを関心のある特定の案件に優先的に割り当てることができます。

コーポレート・ガバナンス・チームには、コーポレート・ガバナンス、会社法、報酬、会計に加えて環境および社会的問題の専門知識を持つ投資専門家を配置します。メンバーは、SSgAが顧客のために投資を行うすべての主要な市場と地域に関し高い専門性と多様な経験を備えます。

また、議決権行使のプロセスに対する管理を補完し、株主総会に関する調査のための情報の提供を受けるため、ISSと契約を締結しています。ただし、すべての投票決定は、専らSSgAが定める社内方針に従って実施されます。

コーポレート・ガバナンス・チームが採用する以上のプロセスと統制はステート・ストリート・グループが行う内部監査の対象となります。