お申込みはこちら ゆうちょ銀行 ステート・ストリート・グローバル・ アドバイザーズの公募投信 お申込に際してのご留意事項 ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)」に係るお知らせ(2015年4月20日)

当ファンドは、主として金現物拠出型上場外国信託「SPDR® ゴールド・シェア」への投資を行うと共に、その投資金額相当額の米ドルについて原則として為替ヘッジを行うことにより、金地金価格を示す「LBMA午後金価格 (1トロイオンス当たり/米ドルベース)」の円ヘッジベースの動向を反映する投資成果の獲得を目指します。

  • 金現物拠出型
  • 為替ヘッジでリスク低減
  • ファンド・オブ・ファンズ方式で運用

金現物拠出型上場外国信託を主要投資対象とした運用

金地金価格を示す「LBMA午後金価格(1トロイオンス当たり/米ドルベース)」※1の動向を反映する投資成果の獲得を目指す金現物拠出型上場外国信託「SPDR® ゴールド・シェア」※2を主要投資対象とし、組入比率は原則として高位を維持します。

主として国債を中心に日本の短期公社債等に投資を行い、安定した投資成果の獲得を目指す親投資信託「ステート・ストリート短期国債マザーファンド」にも投資を行います。

※1 正式名称は、「LBMA Gold Price PM」といい、ICEベンチマーク・アドミニストレーション(ICE Benchmark Administration)が、午後決め値として公表する、1トロイオンス当りの米ドル建ての金価格です。なお、LBMAは、ロンドン貴金属市場協会(London Bullion Market Association)の略称です。 ※2 正式名称は、「SPDR® Gold Shares」といいます。

SPDR R ゴールド・シェアの仕組み

効率的な金現物への投資を行います。

世界最大の金ETF

為替ヘッジを行い、為替リスクを極力低減

金現物拠出型上場外国信託の投資金額相当額の米ドルに対して原則として為替ヘッジ*を行います。そのため為替変動による影響(為替リスク)は低減されますがその影響を完全に排除できるものではありません。

*為替ヘッジとは

外貨建て資産を組み入れた際に為替変動リスクを低減するため行う手法です。通常は先渡し契約により外貨売り/日本円買いを行います。またヘッジ対象通貨と日本円の短期金利の差により為替ヘッジコストが生じる場合があります。

金現物拠出型上場外国信託の投資金額相当額の米ドルについて、原則として為替ヘッジを行いますので、当ファンドは、「LBMA午後金価格(1トロイオンス当たり/米ドルベース)」の円ヘッジベース※3を参考指数とします。

※3 「LBMA午後金価格(1トロイオンス当たり/米ドルベース)」の円ヘッジベースは、LBMA午後金価格(1トロイオンス当たり/米ドルベース)について、投資信託の会計基準に合わせて委託会社が円ヘッジ効果を勘案のうえ指数化したものです。

ファンド・オブ・ファンズ方式で運用

ファンド・オブ・ファンズ方式とは、投資者からの資金をまとめて、複数のファンド(マザーファンドを含む)に投資して、その実質的な運用を行う仕組みです。なお、投資しているファンドの損益はすべて当ファンドに還元されます。

ファンド・オブ・ファンズ方式

※資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

投資対象とする外国信託および親投資信託の概要

金現物拠出型上場外国信託「SPDRR ゴールド・シェア」

商品性と仕組み 金地金価格を示す「LBMA午後金価格(1トロイオンス当たり/米ドルベース)」の動向を反映する投資成果の獲得を目指す信託契約の受益証券であり、信託資産全体の一部を分割出来ない形で所有する権利を保有しています。信託される資産は、主に金地金と現金に限られ、金地金は英国ロンドンにおいて特定保管(他の金地金と分離して専用保管)されます。
計算期間 毎年10月1日から9月30日まで
分配金 受益権保有者に対する分配金の支払は原則として行われません。
信託費用 純資産総額に対し年率0.40%を乗じて得た額
設定日 2004年11月18日
管理会社 ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシー (World Gold Trust Services, LLC)
信託受託者 ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの一部門であるBNY・メロン・アセット・サービシング(BNY Mellon Asset Servicing, a division of The Bank of New York Mellon)
マーケティング・エージェント ステート・ストリート・グローバル・マーケッツ・エルエルシー (State Street Global Markets, LLC)
カストディアン HSBCバンクplc (HSBC Bank plc)

親投資信託「ステート・ストリート短期国債マザーファンド」

【参考】商品分類 親投資信託/国内/債券
運用の基本方針 主として国債を中心に日本の短期公社債等に投資し、安定した投資成果の獲得を目指して運用を行います。
決算日 毎年4月15日(ただし、該当日が休日の場合は翌営業日)
収益分配方針 収益は償還(信託終了)まで留保し、分配は行いません。
信託報酬 ありません。
設定日 平成21年7月21日
委託会社 ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
受託会社 三井住友信託銀行株式会社

※投資対象とする外国信託および親投資信託の詳細な内容は投資信託説明書(請求目論見書)をご確認ください。

主な投資制限

1 金現物拠出型上場外国信託「SPDR® ゴールド・シェア」およびステート・ストリート短期国債マザーファンド受益証券の投資割合には制限を設けません。
2 株式の実質投資割合は、転換社債の転換請求および新株予約権の行使により取得可能なものに限り、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
3 外貨建資産の実質投資割合には制限を設けません。

収益分配方針

毎決算時(8月20日。ただし、該当日が休日の場合は翌営業日)に、原則として次の通り収益分配を行う方針です。

1 分配対象額は経費控除後の利子、配当収入および売買益(評価益を含みます。)等の範囲内とします。
2 分配金額は、委託者が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対象金額が少額の場合は、分配を行わないことがあります。
3 留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行います。

収益分配金に関する留意事項

1 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
2 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
3 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部又は全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
お申込みはこちら ゆうちょ銀行
ページTOPへ